医療事務資格と仕事について。

女性に大人気の医療事務の仕事!そのヒミツは、

専門性が高く、需要が多いので将来性抜群なんです!
正社員、派遣社員、アルバイト、さまざまな勤務スタイルで、働きやすい!
どの土地に行っても、スキルが変わらないので、転勤しても大丈夫なお仕事です!

医療事務の仕事
は、日本全国どこでも働けるメリットがあります。

それは、病院やクリニックをはじめとする医療機関の無い地域は無いからです。また、勤務先に困らない他に、医療事務のスキルは通用するメリットがあります。医療事務の代表的な仕事である医療費の計算は、地域格差が無く、国によって日本全国の病院で統一されているからです。だから、もしあなたが病院に行って治療をどこの地域で受けても支払う医療費は同じなのです。
ですから一般の事務職ではその会社を辞めてしますとそれまでのスキルは他の会社に転職しても通用しないことが多いものですが、医療事務の仕事は都会であろうが、地方であろうが、そのまま通用するスキルなのです。

 

お産や育児でしばらく仕事からとうざかっていても、そのスキルは同じように評価されるので、再就職の不安は少なくてすみます。自信を持って新しい職場で働くことができるわけです。

 

医療事務の仕事場
慰労事務の仕事場ですぐ思いつくのは病院ですよね!医療法で定められたいる病院とは、医師または歯科医師が公衆または特定多数の人のために医業または司会業を行う場所であって、病床数が20以上の施設を有するものと定められています。それ以下の病床数を有する診療所とと呼ばれています。なので、町医者やクリニック、医院と名乗っているところは全て診療所扱いになります。

当然、病院より診療所のほうが多いわけですが、全体的な医療機関は年々増加しています。特に高齢者を対象にした診療所や長期療養病棟、訪問看護ステーションなどを新設するところが多くなっています。また、少子化が進んでいますが、それ以上に高齢化が進んでいて医療機関の需要が伸びているようです。

 

豊富な医療関係の求人
医療機関で働く人々は、医師、看護師、薬剤師、作業療法士などの職種がありますが、これら医療に携わる職種は殆どが不足しています。これらの職種は国家資格が必要だからでしょうか!?

特に看護師などは、医療機関が求人を出してもなかなか集まらないらしく、インターネット求人サービスなどでは、たった一人の看護師を医療機関に就職させたときの成功報酬は、数十万円かかるというから驚きです。
看護師さんの赤裸々な日常はコチラ⇒ナースのお仕事とその仕組み
もちろん、医療事務スタッフも例外ではありません!!医療事務に限っては国家資格ではありませんが、医療機関には必ず必要で、病院経営においては一番重要なポストなのです。医療事務には専門知識が必要であり、迅速で正確な事務処理が要求されます。この専門知識と経験を持つ事務スタッフ必要とされる場合、病院以外にも公的な保健センターや健康保険組合、介護にかかわる現場、民間企業などの医務室、医療事務コンピューター・ソフト会社など多岐の渡ります。医療事務のスキルがあれば、常に求人があるので、職に困ることはまず無いといえます。